女性のための水虫治療〜薬に頼らない水虫ケアの方法〜

女性のための水虫治療

女性のための水虫治療では、
「水虫をスキンケアで治す」をコンセプトに
水虫を薬を使わずケアする方法
水虫を再発させないように続けるスキンケア
についてまとめてあります。

ひと昔前には「水虫は男性の病気」のようなイメージでしたが、
最近の調査によれば女性で水虫に悩む方が増えてきているようです。

その原因はやはり生活環境の変化と考えられます。
一日中ストッキングやハイヒール、ブーツを履き続け、
足が蒸れやすい環境を続けると水虫の原因菌が繁殖しやすくなります。


水虫と言えば、
とにかく皮膚科に行って治療薬を処方してもらいましょう
水虫の市販薬を購入して治療しましょう
の二つの方法をまず思いつくと思いますが、
毎日のスキンケアで水虫が治療できたらスゴイと思いませんか?

水虫を薬で治療するということは、
皮膚に元々住んでいる常在菌を殺すことになります。
また、少なからず副作用の心配もあるでしょう。

できれば薬を使わずに水虫を治療したいとお考えの方に
このサイトの情報を有効に活用して頂ければと考えております。

あくまで管理人の主観で作成された記事ですので
専門家から見たら「そんなバカな」というものも
あるかと思います。
あくまで素人が書いた記事ですので、その点はご容赦くださいませ。

水虫のスキンケアならコレ!

まずは、水虫の方にオススメのスキンケアをご紹介します。
なんと私は、この方法で水虫をケアしました♪

アビエルPLボディシャンプーで足を洗う
手と違って1日に何度も洗ったりしない足は、不潔になりやすい!
一日の足の疲れを取る為にも、外から帰ってきたらお風呂に入ってしっかり足を洗いましょう。

特に、汚れや垢がたまりがちな指の間などをしっかりと洗って下さい。
このアビエルPLボディシャンプーには、酵素が配合されているので、
水虫の菌が繁殖している角質を分解除去しながら洗い流すことができます。

 

薬用アビエルPLボディローションをつける
水虫かな?

水虫だ〜って思ったら、絶対にお勧めなのが、薬用アビエルPLボディローションです。
この薬用アビエルPLボディローションは、自然治癒力・免疫力・バリア機能を強化し、
皮膚のターンオーバーを回復させてあげましょう。

 

水虫は、角質層に入り込み、菌糸を奥へどんどん伸ばすことで胞子をまき散らし繁殖します。
でも角質層には神経細胞がないため、この時点では痛くも痒くもありません。

 

しだいに繁殖が進んでいくと水虫(白癬菌)が分泌する酵素や老廃物が角質層の奥深くまで行き、表皮顆粒層細胞を刺激すると神経細胞に触れ、かゆみを感じます。

 

白癬菌自身の感染能力は弱く、皮膚の一番表面にある角質層だけに棲みついて、それより下の免疫細胞の支配下にある細胞層には侵入できません。
なぜかと言うと、白鮮菌に対する炎症反応で集まってきた白血球や浸出液に含まれている殺菌物質の攻撃を受けて、白癬菌の繁殖力となる菌糸は死んでしまうからです。

 

しかし白癬菌の胞子は、丈夫な細胞壁によって守られています。
この部分が重要!
菌糸が免疫細胞や白血球に消毒されることは、繁殖能力は断たれた形になるわけです。
いくら胞子が残っていても、白癬菌は自分で移動することができないために今居る角質層から動くことはありません。
後は水虫菌に侵された角質層が新陳代謝により、上へ上へ押し出され、最終的に垢として皮膚の外へ押し出されるのを待つだけ。

 

薬用アビエルアシッドローションをつける
水虫の原因菌である白鮮菌や足の臭いの元になる黄色ブドウ球菌に効果があると言われている柿渋が配合されているローションで、水虫を身動きできないようにしてしまいます。

 

薬用アビエルPLクリームで皮膚を守る

早めにアビエルPLボディシャンプーで古い角質を洗い流しておけば
水虫に感染しなかったも・・・と思うのですが、
痛みやかゆみが出て、初めて水虫だって気がつくものですよね。

 

その部分は、当然ポロポロ皮がむけたり、割れて赤い身が見えてどうしようもないくらい痛痒かったりします。

 

そんな傷ついた皮膚を守るのが薬用アビエルPLクリーム。
皮脂に最も近い成分でつくられたクリームで
被覆膜を作り皮膚を白鮮菌から守ってくれます。


サーバの構築方法