女性のための水虫治療〜薬に頼らない水虫ケアの方法〜

水虫治療薬ウィンダムについて

ご存知の通り、ウィンダムは、現在市販されている水虫治療薬の中で一番殺菌力が強いお薬です。

 

処方薬の中には、ウィンダムよりも殺菌力が強いものが出ていますが、
薬局で市販されている水虫の薬の中で一番強いお薬です。

 

殺菌力もさることながら、浸透力も高いので、角質増殖型といわれる
治りにくい水虫にもよく効きます。
また、最近の水虫治療薬は、皮膚に留まる時間も長くなり、このウィンダムも3日間皮膚に留まることができ、1日1回塗ればOK。
以前は1日2.3回塗らなければならず、かなりの負担の軽減になります。

ネットで買えないウィンダム

水虫治療薬ウィンダムは、第1類医薬品に分類されています。

 

医薬品は、処方箋医薬品と非処方箋医薬品に分けられています。
処方箋医薬品とは、その名の通り「医師の処方せんが必要な医薬品」。
非処方箋医薬品とは、医師の処方箋なく購入できる医薬品のことで、大衆薬・市販薬・OTC薬とも呼ばれています。
この非処方箋医薬品が、2007年4月から副作用リスクに応じて、第一類医薬品・第ニ類医薬品・第三類医薬品に分けられました。

 

2009年4月から改正薬事法が施行され、副作用リスクの低い一部医薬品については登録販売者が販売できるようになりました。
それが、第ニ類医薬品・第三類医薬品です。

 

しかし第一類の医薬品は、相変わらず薬剤師が必ず顧客と対面して販売しなければならないため、第1類医薬品に分類されているウィンダムは、薬剤師がいる薬局でしか購入することができません。

 

第一類医薬品は、「その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品のうちその使用に関し特に注意が必要なもの」ですので、薬剤師に相談した上で購入するべき医薬品です。

 

でも水虫だと知られたくない方は意外に多いのでは??

 

そんな「水虫だと知られたくないからウィンダムをこっそり購入したい」方に残された方法は、個人輸入です。

 

個人輸入とは、海外で販売されている商品を、個人で使用することを目的に購入することです。
ですから、購入した商品を他の人にあげたり販売することはできません。

 

個人輸入について

 

この個人輸入という方法で、シンガポールからウィンダムを購入することができます。
送料が高いんじゃないの?と心配になりますが、ケンコーコムでは国内と同じくらいの送料で購入することができます。
水虫 ウインダムをネットで購入する

水虫の角質ケアには・・・

水虫は、角質層に白鮮菌が棲みつくことで起こる病気です。

 

水虫にかかってしまった皮膚には、白鮮菌がたくさん!
白鮮菌に侵された角質層をしっかりと除去しなければいけないのですが、角質増殖型水虫の場合、角質層が分厚くなってしまい、なかなか水虫薬の効果が浸透しないことも・・・

 

角質を軽石でこすると、皮膚を傷つけることもあり、あまりオススメできません。

 

 

そこでオススメなのが、不要な角質をしっかり除去洗浄することができる酵素入りボディーソープです。

 

酵素って言えば「酵素入り洗濯洗剤」を思い出しませんか?
酵素入り洗濯洗剤が開発された理由は、
「界面活性剤(洗浄剤)は皮脂の汚れに対しては効果を発揮するが、
たんぱく質の汚れに弱い」
からなのです。
たんぱく質の汚れを分解するために加えられたのが酵素
その酵素が配合されているのが、このアビエルPLボディシャンプーなのです。

 

アビエルPLボディシャンプーに配合されているのはパパイン酵素。
パパイン酵素とは、熟していない青パパイヤ果実の汁を乾燥させたものを抽出して生成した、システインプロテアーゼに分類される酵素です。
パパイン酵素には、健康な細胞には影響を与えず、老廃した細胞だけを強力に分解するという特長があります。

 

角質はたんぱく質でできていますので、パパイン酵素は古い角質だけを強力に除去してくれます。
パパイン酵素入りの乳液をイボや魚の目をとるのに利用している国もあるほど、パパイン酵素はたんぱく質の除去に効果を発揮してくれます。

 


サーバの構築方法